« 地獄のスキー旅行 | トップページ | スーパーテネレ XT1200Z 復活@プレストカフェ »

2014年3月24日 (月)

セロー250 事故

会社の帰り、セロー250で事故ってしまいました。生まれて初めて医者から「骨折」と言われ、手術し入院する羽目になってしまいました。
3月6日、木曜日。その日もいつもの様に仕事を終え、セローに跨がり帰路につきました。19時半頃、家まであと半分の場所、片側2車線の下り右カーブに差し掛かったところで記憶は途切れています。意識が戻った時は救急車の中でした。
「事故ってしまった」状況はすぐに分かりました。ただ原因が分かりません。前後に車は無く、交差点も過ぎていました。救急隊員に聞いてみると「自転車と衝突し、相手も搬送されている」。びっくり(゜ロ゜)しましたが、相手の命に問題無いと聞き安堵しました。
顔面を打ち、右半面と鼻、唇が腫れ上がった状態で、最初の病院に搬送されました。「明後日のツーリングはダメだな...月末の出張は微妙だ...そもそも自転車相手に治療費とかどうすれば...」そんな事を考えてました。
病院でCTの検査をしたのですが、そこには眼科が無いと言う事で、次の病院へ。最初の病院に向かっていた嫁さんに次の病院の名前を連絡し、再び救急車に。次の病院「聖マリアンナ医科大病院」の救急搬送入り口には心配そうな嫁さんの姿が...
診察を受け、眼球には問題がなさそうだと言う事で、時計がテッペンを回った頃、ようやく帰宅する事ができました。長い一日が終わりました。
翌日、朝から会社と保険会社と警察に連絡をいれた後、診察の為「聖マリアンナ医大」へ。形成外科と眼科に。やはり眼球には問題が無いようなのですが、右ほほと眼窩底が折れているとの事。生まれて初めて「骨折」の診断を受けました。手術も検討しなければならないと言われ、結構ショックでした。週末、体中アチコチ痛く腫れ上がっていたので、家でおとなしく寝て過ごしました。顔はボコボコにされたボクサーの様になってしまい、唇もはれ歯も痛くアゴもまともに動かせない為、お粥をすするだけしか出来ません。「なんでこんな目に...」(´・ω・`)。この先どうするか考えられません。
明けて月曜日。相手方に保険会社が付き連絡がきました。正直ホッとしました。相手は二十歳の小僧だそうで、ハッキリ言って責任なんかとれやしないだろうと思ってたので。午前中、診察と手術の説明を受け、午後に警察へ行きセローに再会しました。Img_3123 第一印象は「意外と壊れてないな」でした。よく見ればミニスクリーンは消えてるしライト上が擦れているので、ほぼ垂直に近い状態で地面にぶつかったのかもしれません。Img_3124 相手の自転車の真横に衝突したようでフレームがぐんにゃり曲がってました。右カーブで右に視線を向けていたところに、左から飛び出してきたので、殆ど死角から突っ込まれた形です。相手が死ななくてホント良かった。
火曜は痛い体を引きずって会社に行き、手術と入院の説明をしたり、仕事の引き継ぎをしたり。火が付いてる仕事に背を向けるのはキツイです。
水曜に入院し、木曜に右頬骨と眼窩底骨折手術をしました。全身麻酔で3時間掛かりました。しばらくは右目が開かず、うっすら開く様になったのは3日後の事でした。入院から一週間、退院の時は取り敢えず普通に開くようになったのですが、右目を端へ動かすとかなり歪んだ感じになります。目玉を上下左右に動かすリハビリをしなければいけないそうです。Img_3127 セローはバイク屋に引き取られ、復活の日を待つ事になりました。人間の方も復活しなければなりません。こんな酷い目に遭ってもまだ降りるつもりはありません。ただこの先、仕事再開とか保険の処理とか面倒な事が待っているかと思うと憂鬱になります(;´д`)トホホ…

« 地獄のスキー旅行 | トップページ | スーパーテネレ XT1200Z 復活@プレストカフェ »

バイク」カテゴリの記事

コメント

事故の加害者が相手を「小僧」呼ばわりとは同じバイク乗りとしても貴方には乗って頂きたく無い!

事情はどうであれ道路上では自転車の方が弱者です。

カーブで突っ込まれたといっても自転車の速度なんて対してしれてます。

それに対応出来ないほど速度を出してコーナーを走る貴方にも過失はあることをお忘れなく。

I believe and I am persuaded that this is one of the most informative content which I have come across today. This is due to the fact that the presentation of the illustrations together with the details is good. This is the kind of forum which makes the visitors desire to keep on coming back. Thank you for the post.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568574/59344822

この記事へのトラックバック一覧です: セロー250 事故:

« 地獄のスキー旅行 | トップページ | スーパーテネレ XT1200Z 復活@プレストカフェ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

Macな人

最近のトラックバック

無料ブログはココログ