PC

2015年1月18日 (日)

iPhotoが...復旧(作業中)

年末年始の上海や成田で撮った飛行機写真をブログにでも上げようかなと思った金曜の夜、iPhotoが「再構築が云々...」とメッセージを出してきました。
画像ファイルが300GBを越えているので、「まぁデータベースを再構築しないといけないんだろうな」と思ってました。しばらくして「ファイルコピーが云々...」と出てきたのでハイハイと開始。時間もかかるので、そのまま就寝しました。
朝早くトイレに起きて、そう言えば昨夜のアレどうなったかなと思って、ディスプレイ見ると「失敗しました」の表示。「まったく〜しょうがねぇな┐(´д`)┌ヤレヤレ」と思い、iPhoto Libraryを開こうと思ったらサイズが2GB位になっちゃってます。
我が目を疑いました。寒いのに冷たい汗が...。ファイル消えてる...ウソでしょ...( ̄Д ̄;。
iPhoto LibraryはRAIDを組んだ外付けHDDで、バックアップを怠けてました。
深呼吸をし、ファイルは救出できるはずだとツールを探し、iGeek incの「Data Rescure4」をオンラインで購入。早速リカバリをかけました。復活ファイルの保存先は別のHDDへ。後は手を合わせて祈るだけ。
20150118_130840 結果、ファイルが戻ってきました。但し、アルバムとか日付とか関係なく。今、GraphicConverterのブラウザでExifの日付を確認しながら、無数のファイルをフォルダに分け、チェックしてます。
そりゃしっかりバックアップして無かったのが悪かったですよ。悪いのは分かってますが、iPhotoよ、それはないでしょう。
もうiPhotoは立ち上げません。バックアップも真剣に考えてます。もうこんな思いをするのは2度とごめんです。

2013年5月15日 (水)

iPod修理と改造

iPhoneにしてから持ち歩かなくなった第4世代iPod。でもツーリングのお供にBluetoothのトランスミッタを付けて使ってました。ところがGWの東北ツーリング途中で突然お亡くなりに。全然充電しないし、電源ケーブル付けて起動しようとしてもリンゴマークが出た直後に落ちてしまう。あ〜終わったなと思ってました。P5120074 ところが、まだ第4世代iPodの交換バッテリが入手できるじゃないですか。どうしようかと思っていると1.8インチHDDをDFカードにしてSSD化できる記事を見つけました。P5120078_2 と言うわけで、気がついたらポチポチと買ってました。モノが揃えば早速バラシ。P5120085 久しぶりでちょっと手こずりました。捨てずに持ってたテレカ二枚を隙間にねじ込み、その間に小さいマイナスドライバをグイッと。でパカッと開きました。ここでトルクスT6が無い事に気付き、ホームセンターへGO。P5120086 実はバッテリー以前に1回交換してたんですけどね。あまりもたなかったな。有名メーカなのに。P5120090 バッテリを交換し、CFカードを接続して出来上がり。Macに接続してバッチリ認識。iTunesで復元して音楽ファイルを転送。起動時のスピンアップ音が消えて何か良い感じです( ̄▽ ̄)。
これであと3年は戦える...かな。

2012年7月21日 (土)

Mac mini 2009にSSDとメモリ増設

私のPCはMac miniの2009年モデル。このMac miniのHDDをSSDに、メモリを4GBから8GBに改造してみました。
今、Ivy Bridge搭載の小型デスクトップMacを待っているのですが、WWDC 2012でも特にアナウンスはありませんでした。来年あたりに何か良いモデルが出るとか出ないとかの噂もあるので、取り敢えずもう少し待つ事にしています。とはいえ、来週にはMountain Lionが出てくるし、今度はアップデート(今はSnow Leopard)したいので、改造に踏み切りました。P7210012 ADATAの256GB SSDが1万5千円。安くなったものです。メモリが4GB×2で8GB。で3,500円w(゚o゚)w 安すぎ!!これじゃメモリ作っても儲からないですね〜。
まずはSSDをフォーマットしCarbon Copy Clonerでシステムをコピー。P7160006 当たり前ですけど無音...。さてここからがメインイベント。色々なサイトを参考にMac mniを開けます。使うのは100均で買ったスクレーパーが2つ。P7210015 何かが削れている様に見えますが気にしないで、グイッとカバーを広げるようにこじるとP7210016 カバーが外れました。アンテナを外し、ネジを4つ外すとP7210020 マザーボードが出てきました。結構汚れているのでブロワーで吹いて掃除機で吸い込んで綺麗にします。メモリを外して新しいメモリをセット。P7210021 Mac mini 2009モデルは公式には4GBまでなのですが、ファームウエアをあげると8GBでもいけるようになるのだそうです(他のサイトからの受け売り)。次はHDDを外しSSDをP7210023 ややきつかったので、少し押し込む感じではめ込みネジで留めて温度センサーをくっつけます。組み直してカバーを付ける前に起動をチェック。HDDのスピンアップの音がしないのは不思議な感じです。無事に起動したので、一旦シャットダウンをしてカバーをはめ、作業は終わりです。使ってみると静かでキビキビ感が増したように思います。さて来週はMountain Lionがでてくるので、クリーンインストールにするかアップデートにするか、考えてます。

2011年1月29日 (土)

iPodバッテリー交換

先週、秋葉原に出かけた時にiPodのバッテリーを買いました。購入したのは「秋葉館」、Macの専門店です。昔、江頭2:50氏がお店の宣伝ビデオで変なダンスをしていたのが思い出されます。
さて購入したのはSONNETのiPod 4G用バッテリです。
Dscf2032 早速作業開始です。
Dscf2062付属CDをPCにセットして、日本語を選択、解説ムービーが始まります。とここでドライヤーがいるよと言われ慌てて準備しました。まず大きなヘラでカバーを開けるのですが、全く隙間がなくビデオのように上手くいきません。ネットで調べて見ると、白いカバーを左側にずらすと良い事がわかり真似てなんとか開ける事に成功。Dscf2067ハードディスクを丁寧に外し、バッテリにドライヤーを当てながら、やはり丁寧に外します。バッテリーを触ってみると少し膨らんでいました。最近、充電時間が凄く長くなってしまってたのでバッテリーがダメだろうなと思ってたら案の定でした。新しいバッテリーを丁寧にはめてハードディスクを取り付け、カバーをパチンとはめて作業は終了。Dscf2074これでまだ暫くは現役で使えるでしょう。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

Macな人

最近のトラックバック

無料ブログはココログ